渡辺玲子

Profile

 渡辺玲子は、超絶的なテクニック、玲瓏で知的な音楽性、切れ味鋭い官能性とその広いレパートリーで日本のみならず世界のヴァイオリン界をリードする逸材である。

 第50回日本音楽コンクールにおいて最年少優勝(15歳)、同時に第1回増沢賞(全部門を合わせて最も優れたものに与えられる賞)を受賞、翌年の「若い芽のコンサート」でNHK交響楽団とバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番を共演、衝撃的なデビューを飾った。その後も1984年ヴィオッティ、1986年にパガニーニ両国際コンクールで最高位を受賞。
 1985年からは、ジュリアード音楽院に全額奨学生として留学し、1992年に学士と修士を取得。ニューヨークを本拠地として、世界各地でオーケストラとの共演、リサイタル、音楽祭への参加と国際舞台で目覚ましく活躍している。フランスのフィガロ紙は「彼女は全曲を通じ、文句のつけようのないほど見事であり、その光あふれる音色と、一種言葉にできないような魅力が全曲を通じ、疑いを差し挟む余地のない優美さに輝いていた」、ワシントン・ポスト紙は、「身についた優美」と見出しを掲げた記事で絶賛し、シラキュース(アメリカ)のヘラルド・ジャーナル紙は、「マリア・カラスがもしもヴァイオリニストであったなら、彼女のように弾くだろう」と書いた。
 これまでに国内の主要オーケストラはもとより、ワシントン・ナショナル響、ロザンゼルス・フィル、セントルイス響、ヴァンクーヴァー響、フィルハーモニア管、BBC響、ウィーン・トーンキュンストラー管、ロシア・ナショナル管、サンクトペテルブルク響、バンベルク響等と共演、また、日本フィルハーモニー管弦楽団のヨーロッパ・ツアー、東京交響楽団のアメリカ・ツアーにもソリストとして同行している。
 リサイタリストとしても意欲的に活動、ニューヨークタイムズ紙はその演奏を「圧倒的なテクニック、華麗な音色、劇的な音楽表現」と評し、見出しに「ヴィルトゥオーゾの圧倒的迫力に脱帽」と掲げて絶賛した。このほか、ワシントンのケネディー・センターやラヴィニア音楽祭、イタリアのストレーサ音楽祭等に出演、2013年にはミラノとラヴェンナでG. アレヴィ作曲のヴァイオリン協奏曲を演奏し現地の聴衆に圧倒的な熱狂をもって迎えられた。アジアでも活躍の幅を広げており、香港フィルと中国ツアーのソリストを務めたほか、武漢交響楽団とも共演、台湾にも度々招かれている。また、欧米で高い評価を得ているダンス・カンパニー「Noism」とケネディ・センター等で度々共演するなどダンス、バレエとのコラボレーションも積極的に行う。

 演奏の素晴らしさに加えて、その時代を見通したユニークなプログラミングは、2011年から始まった「青少年のためのレクチャーコンサート」の全国展開、2015年に東京・白寿ホールで立ち上げた「大人のためのレクチャーコンサート」などでも注目を集めている。

 レコーディング・アーティストとしてのデビューは、ドレスデンにおいてジュゼッペ・シノーポリ指揮ドレスデン・シュターツカペレと共演したベルクのヴァイオリン協奏曲で、演奏会と同時にテルデック・レーベルによってCD録音が行われ、1997年にリリースされると同時に高く評価された。その他、これまでに”マイ・フェイヴァリッツ”、”バッハ無伴奏ソナタ&パルティータ”、”チャイコフスキー&ショスタコービッチ:ヴァイオリン協奏曲”、“カルメン・ファンタジー”、無伴奏作品集“SOLO”、そして2017年春には新しく“AIR&DANCE”をリリース。

 2004年からは演奏活動の傍ら教育にも携わり、秋田の国際教養大学特任教授として、音楽を専攻していない若者にも音楽の深さを知ってもらおうと英語での集中講義(「音楽と演奏」)を行っている。
 東京生まれ、松井宏中、鈴木共子、田中千香士、堀正文、大谷康子、海野義雄の各氏に師事、その後アメリカに渡り、J. フックス、J. ラタイナー、F. ガリミア、S. ローズ、I. スターンの各氏に師事、他にN. ミルシテイン、J. ギンゴールドのマスタークラスも受講している。
 2005年、第35回エクソン・モービル音楽賞奨励賞受賞。

 使用楽器は、日本音楽財団より貸与されている1736年製グァルネリ・デル・ジェス「ムンツ」。

   (2017年2月)

公式サイトhttp://www.reikowatanabe.com/
FBページhttp://www.facebook.com/reikowatanabevn/